ガイアのつまらなそうで面白い・・・と思ったらやっぱりつまらないそんな平凡すぎる高校生の日常

ガイアの平凡すぎる日常を綴っております。日々の日常は勿論、アニメの事やゲームの事についても書いてます。とまあ、普通の高校生のブログです。ちなみにブログタイトルは略して「ガイアの平凡すぎる日常」。さらに略してガイ凡となっております。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テスト返却

なぜかいっきにテストが返って来ました。


英語以外は全部、満足のいく点数じゃなかったです。


一応、書いときますが、点数を晒すことは一切ありませんw
書くことと言えば技家と社会が80点行かなかった事かな。


まあ、どっちみち良い点取っても成績は変わりそうにないですけどねww


成績といえば中3になってからまだ1回も休んでないんですよね
小4の時の30日休んじゃったのにね(主に夜中、クワガタ取りに行って肺炎になったのが原因)
去年は一日ぐらい休んじゃいました。


話は変わり、

s-DSCN0470.jpg
この2冊の小説を見ての感想。


この2冊の小説に共通するんですが、映画と違いルークの一人称が「俺」。
映画だと「僕」だったのにね。
ちょっと違和感がしました。

内容としては
映画内の話の補足等がほとんどですので
まったく新しい内容の小説が読みたい人にはちょっと物足りないかもしれません。

映画内にない話としては

オビ=ワン・ケノービの伝説 
・EPISODEⅤでのヴェイダーの戦闘後、タトゥイーンに戻ってきたルークの話。

ヴェイダーとの戦闘で右腕と父(アナキン)の形見であったライトセイバーを失ってしまった。
右腕は義手でどうにかなったが、2本目のライトセイバーを持ってなかったため、何か役立つものがないかと、
オビ=ワンの家を訪れた。

・惑星イラムでのライトセイバーを作成するオビ=ワンとオート・シガットでの任務。

オビ=ワンが13歳の頃。惑星イラムでライトセイバー作成の際、彼のマスターであったクワイ=ガンが元弟子であったザナトスを思い出す。
その後、任務が入り、アウター・リムにある惑星オート・シガットへ共和国の精製船と乗組員を探すことになった。

・ナブーの戦いの数週間後の話。

オビ=ワンがアナキンを弟子にして数週間が経った。
アナキンは瞑想をせず、アシャラド・ヘットと話していた。


・ファークアーⅢでの戦闘の際の話。

ファークアーⅢで独立星系連合と共和国との戦いが始まった。
共和国軍の第7スカイ・コープスは苦戦していた。


タトゥイーンで隠居生活をするオビ=ワンの話。

ジェダイオーダーが壊滅したが生き残ったオビ=ワンはルークを見守るため、タトゥイーンでの生活を始めた。
ここから19年、タトゥイーンで過ごすことになる。


・オビ=ワンとルークの最後の会話

エンドアの戦いから五年後、オビ=ワンはルークのいる世界に留まることができなくなってしまった。
そして、オビ=ワンとるーくは最後の会話を交わすことになる。



そしてその後、ルークはニュージェダイオーダーを作ることになる。




もう疲れたんで後は明日以降に書きます。


人気ブログランキングへポケモンランキング
↑リンクバナーです。クリックしていただけると嬉しいです。   
スポンサーサイト

| 近況 | 22:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。